キングダム 595話のネタバレと感想!羌瘣や松左はどうなったのか…

 

原泰久さん原作の人気漫画『キングダム』の最新話となる595話が『ヤングジャンプ 18号』(4月4日発売)に掲載されました。

そこで、『キングダム』の595話の内容と感想、考察をまとめてみました。

とんでもない結末でした・・・!

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『キングダム』595話のネタバレと感想!

 

 

さて、今回の595話は一体どんな展開となるのか。

では、内容の方をまとめてみたいと思います。

(ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!)

 

 

『キングダム』593話のネタバレの内容ネタバレ

 

秦VS趙の14日目。

敵の徐肖の矛が羌瘣に近付く。

あと数センチで羌瘣に刺さる、その時、

間一髪で羌瘣が徐肖の首を切る。

しかし、羌瘣は地に落ちる。

周りが囲もうとする中、信ら飛信隊のバックアップもあり、何とか持ちこたえる。

趙峩龍は悟った。

「(自分の戦略が)違ったのか…」と。

我らの力不足で主の予言に応えられる、ということか…、と。

そして、趙峩龍は戦場から逃げ去った。

 

一方、飛信隊はボロボロになりながらも勝利する。

信「羌瘣はどこだ!」

田有が羌瘣を抱えていた。生きていたが、ボロボロだった。

 

しかし、ここで敵の将、趙峩龍の姿が見当たらないことに気が付く。

那貴は森の中に逃げ込んだと予想する。

信が攻めようとするが、那貴は捜索は俺らだけでやった方がいい、と提案し、信は那貴たちに任せることに。

そして、ここでやっと信は松左がほとんど瀕死状態であることを知る。

信は急いで現場に向かう。

松左は自分の槍をカントに授け、崇原と会話をしていた。

 

「崇原、楽しかったな」

「ああ」

「飛信隊は本当に最高だ」

「ああ・・・その通りだ」

松左を囲む周りの歩兵隊たちは涙を流す。

「ちょっとばかし、先にいくが」

「信を頼んだぞ」

「・・・」

崇原は「クソっ、信は来れないのか」

 

その時、向こうの方から

信が駆けつけてきた。

松左も最後の力を振り絞り起き上がる。

「信」

「松左」

「ありがとな」

松左は信に抱き抱えられ、この世を去ったのだった・・・。

 

Sponsored Link

 

 

ここで、595話の終了です。

では、考察・感想の方に入っていきます。

 

キングダム 595話の感想・考察

 

 

羌瘣は無事で何よりでしたが、松左はやはりダメでした…。

正直、松左というキャラをそこまで理解していないのですが、でもこのシーンは特別すぎて、泣いてしまいました。

しかも、趙峩龍戦が終わっていない、という最悪の状況。

 

ボロボロの飛信隊、今後どうなっていくのか。次回の596話も目が離せません。

“ISOPP”
フラグは立ってたけど、ショックだな・・・

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)