個人差あります 25話のネタバレと感想!また新たなキャラが登場!?

 

日暮キノコさん原作の漫画『個人差あります』の25話がモーニング(7月11日発売)に掲載されました。

そこで、『個人差あります』の25話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『個人差あります』の25話のネタバレと感想!

 

妻あり子ナシの32歳サラリーマン・晶がなぜか女性になる…という物語。

今回は一体どんな展開になるのか。

 

では、内容の方に入っていきたいと思います。

まだ読んでいない方はネタバレになるので、ご注意ください!

 

 

『個人差あります』の25話のネタバレ

 

高校時代、山谷しか友達がいなかったわけじゃない

なんならもっと頻繁に遊んでいたはずなのに

どういう訳か、大人になって一番会っているのは山谷だ

 

アキラは山谷と飯に行く予定。山谷を待つアキラ。

「ごめん、遅くなったーー」

「おう、先頼んどいたぞ」

「え?何で男なの?」

「残念だったな、お前に揉ませる乳はもうない」

「……サギだ、俺の淡い期待を弄びやがって」

 

「異性化リバース?」

「そんなシステム聞いてねぇよ」

残念がる山谷に「失恋かよ、言っとくけど、あれも俺だからな」とアキラ。

『まぁでも戻ったきっかけは?なんて聞かれないだけマシか…』

 

「ああ、でも戻ったんなら嫁さんは一安心だろうな」

「え?」

「だって子供作るんだろ?」

「なんでそれを?」

「前に言ってただろ」

「……」

 

「まぁでもいつでも子作りできるな」

「でもそれが……」と言葉を濁すアキラ。

 

「ほぅ、妊活で高級ホテルか…」

「そう、あまりにも用意されるとプレッシャーが……。それで、できなかったんだよ、その日」

「まじで?アラサーでもう?」

「…まじで」

 

「おっし!わかった」と山谷。

二軒目行くぞ、とする山谷に嫌な予感のアキラ。

 

行き着く先は、まさかの『ガールズバー』だった。

「ってガールズバーじゃねぇか!!!」

「は?お前行ったことある?ガールズバー」

「い、行ったことねぇけど」

「だろ?決めつけはよくねぇ、一種のリハビリだと思ってさ」

「リハビリ…」

 

「お前には素直に女の子っていいな、思える体験が必要なんだよ」

「いや、もっともらしいこと言ってるけど、完全にお前の趣味だろ!」

と言いながらも、ガールズバーに入る二人。

 

ガールズバーに入ると、案の定、山谷と女の子が盛り上がる中、帰りたい、とアキラ。

「山谷、俺は帰るわ」

「おいおい、せめてボタンちゃんの入れたお酒を飲んでからにしろよ」

「いや、帰……」

「!」

 

アキラは、バニーガール姿の”ある女の子”と目があった。

その女の子は男の子?みたいに見えたのだった。

 

Sponsored Link

 

ここで、『個人差あります』の25話が終了です。

次に感想・考察です。

 

 

『個人差あります』の25話の感想・考察

 

また新キャラが登場しました。

今度はガールズバーで働いている店員。この人もまた異性化となった男性なのでしょうか。

そもそもなぜアキラは、見ただけでその人が異性化だと気づいたのか。

もしくはただの一目惚れ?(それはないか…)

 

どちらにせよ、この名前も知らない新キャラが何か大きな出来事を生みそうな、そんな予感がします。

 

“ISOPP”
異性化、実際にあったら複雑だな……

 

こちらも読まれています

⇒個人差あります 第1巻を無料で読む方法!〇〇のポイントがおすすめ

⇒闇金ウシジマくん 心に残る名言ランキングTOP10!第1位はやっぱりアレ!

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)