西脇充子の病気や子供について調査!女子プロ時代の成績や年収は?

 

元女子プロレスラーの西脇充子(にしわき みつこ)さんが1月23日放送の「結婚したら人生豹変!〇〇の妻たち」に出演します。

そこで、この西脇充子という人物が一体どういう方なのか、気になったので、色々とまとめてみました。

 

また、女子プロレスラー時代の成績なども詳しく調べてみることしました。

 

Sponserd Link

西脇充子のプロフィール

 

本名:古賀充子

生年月日:1967年11月2日 (49歳)

出身:岐阜県安八郡神戸町

身長:167センチ

 

元大相撲の浅香山親方(元大関の魁皇)と1999年に結婚をし、今では浅香山部屋の復興に伴って、女将になった西脇充子さん。

 

夫が5歳年下ということで、「姉さん女房」と周りからは慕われていたそうです。

北斗晶さんも完全に「姉さん女房」みたいな方でしたが、西脇充子さんも面倒見が良く、お姉さん気質の方だったんでしょう。

 

ちなみに、女子プロ時代は、北斗晶さんが同期だったみたいです。これもすごい縁。

 

女子プロを辞めて、結婚をし女将になった西脇充子さんですが、その人生は順風満帆ではありませんでした。

 

病気になる

 

ある時、西脇充子さんは病気になってしまい、入院せざるを得ない状況へとなります。病気については明らかにされていませんでしたが、かなり重い病気だったそうです。

 

それでも、夫の浅香山親方に支えてもらい、退院することが出来たそうです。女将の仕事が大変だとよく聞きますが、病気になるぐらい、大変だったのでしょう。

 

ちなみに、「結婚したら人生豹変!〇〇の妻たち」でも、この病気について放送されるようです。

どういう病気だったのか、そしてどうやって病気を克服していったのかが気になる所です。

 

子供はいるの?

 

Sponsored Link

残念ながら、お二人は子宝には恵まれず、現在子供はいないようです。

 

でも、浅香山部屋では実の子供のように可愛がっている弟子は何人もいるでしょうね。姉さん女房の彼女が、「お母さん」のように彼らに世話を焼いている姿が目に浮かびます。

 

女子プロ時代の成績や年俸は?

 

西脇充子さんの女子プロ時代は、当時をする人はこう評価していました。

 

全日本女子プロレスの中でも、中堅レスラーの彼女は、

実力はあったけど、評価はイマイチだった。

そのせいか、22歳という若さで引退をすることになった。

 

1980年代の女子プロレス界のアイドルコンビでブームとなった「クラッシュギャルズ」の全盛時代では、北斗晶と並ぶ実力はあった

 

というように、女子プロ時代は実力はあったけど、そこまで有名という訳でもなかったようです。

 

また、女子プロ時代の年収ですが、

試合のギャラが1試合5〜10万円だと聞いたので、その他グッズの売り上げなど計算しても、20〜30万くらいじゃないでしょうか。

固定給で支払われる所も多いようなので、グッズの売り上げによって左右されるのでしょう。

 

ちなみに、女子プロ界でも人気の紫雷イオ選手は固定給として20万円くらいだったそうです。なかなか、厳しい世界ですね。

 

あとがき

 

女子プロを引退した後、病気で入院し、順風満帆ではなかった西脇充子さん。

 

それでも今があるのは、周りの支えがあり、自分の強いメンタルがあったからでしょう。

これからも「姉さん女房」として弟子たちを、浅香山親方を支えていって欲しいですね。

 

Sponsored Link

こちらの記事も読まれています!

 

⇒江角マキコの金銭トラブルとは何?本人否定の不倫相手の人物は?

【美女すぎる】アスリートランキング!トップ10を発表!

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)