O157感染の札幌の病院はどこなの?なぜ非公表にしているのか

 

今年もこんな季節がやってきました…

「食中毒O157に感染」というニュースが連日報道されています。

 

そして、驚くべき事実が…!

何と札幌市の病院内で感染という最悪の事態に。

ドラマ「コードブルー」でも看護師が毒におかされるという事故がありましたが、

現実でも起こってしまったという。

 

Sponserd Link

札幌市の病院内でO157感染

 

 

報道によれば、

 

7月30日、札幌市内の病院で、腸管出血性大腸菌O157に感染した80歳の高齢者が亡くなった。

ということが明らかになりました。

 

また、札幌市の保健所では、

「夏は食中毒の感染が起きやすい時期」であることを強調し、食品の加熱や手洗いなど予防を徹底するよう呼びかけている、とのこと。

 

そして、驚くべき事実があります。

「病院内でこの感染があった」ということ。

その病院内で、入院患者11人が下痢や腹痛、嘔吐などの症状を訴えたことも明らかになりました。

 

札幌の病院はどこなの?

 

Sponsored Link

 

気になるのは、その院内感染があった病院はどこなのか、ということ。

実際にネット上で調べてみたのですが、

全くと言っていいほど、情報がありませんでした。(逆にすごい…)

 

強いて言えば、入院患者が100人規模ということは分かったので、案外、中規模の病院でしょうか。

(ちなみに、病院側も非公表としていました。)

 

ネット上でも話題になっていた割には、全然病院が特定されていないので、

かなり病院側も情報漏洩を徹底しているようですね。

 

 

なぜ病院名は非公表なの?

 

色々と非公表にした理由は挙げられるでしょうが、

やはり「入院患者を不安にさせないため」が大きな理由でしょうか。

 

「病は気から」と言いますから、やはり公表してしまったら、

それにつられて患者側も症状も悪化してしまうこともあるでしょう。例え食中毒じゃなかったとしても。

 

ただ、ネット上でも話題になっていて、病院内も結構ざわざわしているはずなので、

すぐに世間に広まりそうな気もしますが。

 

あとがき

 

 

最近では、アニサキス食中毒という、これまた危険な食中毒も流行っているので、

念には念を入れて、手洗いや消毒は徹底した方が良さそうですね。

関連記事:アニサキス胃腸炎の予防は出来るの?注意点や治療方法についても!

 

また、「生肉」にも注意しましょう。というか、なるべく食べないようにしましょう。

それで食中毒になれば元も子もないのでね。

 

Sponsored Link

【食中毒】関連記事

⇒イヌサフランと山菜の見分け方や解毒方法を調査!毒の症状とは?

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)