岡本碧優の中学校や家族構成を調査!実績がスゴイと話題に!

 

東京オリンピック(五輪)で初採用されるスケートボードに、12歳の金メダル候補が誕生しました。

パーク女子の岡本碧優(おかもと みすぐ)が圧倒的な強さを見せて中学一年生で優勝という、圧巻の成績。

そこで、岡本碧優選手の中学校、家族構成、経歴などを記事にまとめてみました。

 

Sponserd Link

 

岡本碧優のプロフィール

 

 

身長:141センチ(2019年6月現在)

体重:36キロ

出身:愛知県高浜市

 

みすぐという珍しい名前が特徴的な岡本碧優選手。

お兄さんがスケートボードをしていたのがきっかけどスケートボードを始めたのがきっかけ。

男子準決勝に日本勢で唯一残り、10位になった笹岡建介選手の滑りに魅了され、笹岡選手のお兄さんが教えているスケートボードのスクールに通い、本格的に練習を始めたそう。

2018年12月から男子の有力選手、笹岡建介選手の実家に下宿している、という。

 

そして、2018年11月に南京(中国)で開かれたパークの世界選手権で5位入賞という、実績。

中学生でありながら、世界に通用する若き日本のエース。

 

 

岡本碧優の中学校は?

 

愛知県高浜市出身の岡本碧優選手の現在通っている中学校はどこなのか。

中学校は、岐阜県立長森南中学校に通っている、とのこと。

ちなみに、先程あがった笹岡建介選手もこの岐阜県立長森南中学校の出身だそう。

 

 

Sponsored Link

 

岡本碧優の家族構成(親、兄弟)を調査!

 

ご両親の情報については、まだ公開されていませんでした。

ただ、中学生ながら娘を下宿させている程なので、かなり理解者のある両親、もしくは元スケボー選手の可能性もあります。

 

また、兄弟については兄がいるという情報でしたが、スケボー選手で『岡田』という人物はネット上で見つかりませんでしたので、代表選手でない可能性は高いです。

現在、スケボー選手ではない可能性もあります。

 

 

岡本碧優のプロフィールまとめ

 

  • 岡本碧優選手は現在、中学1年
  • 中学校は岐阜県立長森南中学校
  • ご両親の情報は今の所、公開されていない(兄はいる)

 

2020年の東京オリンピックのスター選手がまた一人現れた、そんな気がします。

東京五輪のスケートボードの出場枠は、各種目とも国・地域ごとに最大3であるため、上位5人中4人までを占めた日本勢の争いはますます激しくなってくるでしょう。

そこに、岡本碧優選手がどう入っていくのか、非常に楽しみです。

 

Next>>【美女すぎる】アスリートランキング!トップ10を発表!

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)