笹岡建介の出身高校や身長をチェック!家族構成や主な実績は?

 

日本のスケボーアジア王者として知られている、若きエース笹岡建介選手。

笹岡建介選手とは一体どんな選手なのか。

その笹岡建介選手の経歴・出身高校(中学)・家族構成・実績など、情報をまとめてみました。

 

Sponserd Link

笹岡建介のプロフィールは?

 

 

生年月日:1999年3月13日(20歳)

出身:岐阜県

身長:152センチ

体重:52キロ

 

6歳で競技を始めることになった、笹岡建介選手。

20歳となった今では、”本業”に専念しているという。

 

笹岡建介の出身高校(中学)は?

 

長森南小学校卒業

⇒ 長森南中学校卒業

⇒ 華陽フロンティア高校卒業

という流れ。

 

中学校の時にプロになり、高校を卒業してからは、プロに専念している笹岡建介選手。

ちなみに、長森南中学校は女子で初優勝した岡本碧優選手と同じだという。

関連記事:岡本碧優の中学校や家族構成を調査!実績がスゴイと話題に!

 

笹岡建介の家族構成は?

 

3人兄弟(全員男)で、笹岡建介選手は末っ子という。

父親の賢治さんが3人の兄弟を連れてスノーボードを始め、オフシーズンの練習に取り入れたのがスケートボードだったとう。

これがスケートボードを始めたきっかけだったそう。

そして、雪のない時期にも滑ることができる、スケートボードの方に夢中になったという。

 

Sponsored Link

 

笹岡建介の主な実績は?

 

  • 関西アマチュアサーキット第1戦で準優勝、第2戦で優勝
  • 2012年、中学2年で日本スケートボード協会公認プロ権利を獲得
  • 新設された大会でアジア1位

 

あとがき

 

夢は、招待状が来ないと出場できない米国の最高位の大会「エックスゲームズ」にパークの日本人男子として初出場すること。

スケートボードの五輪予選対象大会、デュー・ツアーでは残念ながら準決勝で10位となり、決勝進出を果たすことができませんでしたが、本番となる東京オリンピックはどうなるのか。

好きな選手としてあげていた、ペドロ・バロス選手のように、数々の実績をあげることができるか。

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)