台風10号2019の米軍とヨーロッパの進路予想図は?台風11号も発生か?

 

2019年8月のお盆の時期にまた新たな台風となる、台風10号が発生しました。

台風8、9号と立て続けに発生した後、まさか10号まで発生することになるとは…。

 

では、その台風10号の米軍とヨーロッパの進路予想図は一体どうなっているのか調査しました。

また、台風11号も発生する予想もされていますが、本当なのか調べてみました。

 

Sponserd Link

台風10号について

 

  • 名称 ー KROSA(クローサ)
  • 中心気圧 ー 990hPa
  • 最大風速 ー 中心付近で25m/s
  • 最大瞬間風速 ー 35m/s
  • 進路 ー 北北西

 

2019年8月に発生した台風10号。

8月7日(水)午前9時現在、小笠原近海にあって、北北西へ時速15キロで進んでいます。

このままの勢いだと、台風は発達しながら関東地方を中心にまともに突入していくことでしょう。

 

▼台風10号の動画解説

 

“ISOPP”
頼むからマジで逸れてくれ……

 

では、次に米軍の進路予想図、ヨーロッパの進路予想図をまとめてみました。

 

台風10号 米軍の進路予想図は?

 

続いて、台風10号のアメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報(米軍の予想進路図)はコチラです。

 

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/

 

この進路予想図によれば、12日〜13日に日本列島(主に東日本)に突入することが分かります。

『気象庁とほぼ同じルート』ですが、やや東寄りにも見えます。

 

※追記 8月8日(木)

 

8月8日の進路予想図によれば、東日本よりも西日本寄りに向かっていることが分かります。

台風10号は、また更に西に向かいそうな、そんな予想となっています。

 

※追記 8月9日(金)

8月9日の進路予想図によれば、さらに、西日本より(九州、四国地方)に向かっていることが分かります。

14日〜15日には上陸する可能性が非常に高いと思われます。

 

 

 

Sponsored Link

 

台風5号 ヨーロッパの進路予想図は?

 

続いて、ヨーロッパの中期予報センター(ECMWF)の台風の予想進路図はコチラです。

 

▼8月11日(日)

 

▼8月12日(月)

 

▼8月13日(火)

引用:Area:South East Asia & Indonesia東南アジア・インドネシア

 

こちらも米軍の進路予想図より、やや西側に向かっているということが分かります。

関東地方よりもどちらかといえば、台風10号は近畿・四国地方より向かっていますね。

 

 

 

まとめ

 

  • 気象庁によれば、台風10号は関東地方を中心に向かっている
  • 米軍進路予想図は、気象庁よりもやや西に向かっている
  • ヨーロッパ進路予想図は、米軍の予想図よりもやや西

 

2019年8月のお盆は台風により大きな被害を及ぼしそうな気配があります。

待ちに待ったお盆なので、実家に帰省したり各地に旅行に行ったりするでしょう。

しかし、何より『命、健康が第一』なので、危険が迫ったと思った時はくれぐれも回避するようにしましょう。

 

また、台風11号が発生するか、という情報もありましたが、まだ確定情報はありませんでした。

こちらも情報が入り次第、追記致します。

 

“ISOPP”
買い物は早めに済ませましょう!

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)