台風14号2019の米軍とヨーロッパの進路予想図!台風13号はどうなる?

 

9月3日(火)午前3時頃にベトナム沖のトンキン湾で台風14号が発生しました。

そこで、台風14号の米軍とヨーロッパの進路予想図をまとめてみました。

また、台風13号についての最新情報もまとめてみました。

 

Sponserd Link

台風14号<2019>について

 

週末から週明けにかけて沖縄〜本州に近付くと予想される台風14号、名称は「カジキ」。

台風14号は、南シナ海をゆっくり東よりに進む見通しと分かりました。

 

ちなみに、南の海上には台風のたまごともいえる熱帯低気圧が発生したことも判明。

今後、台風(15号)に発達する可能性も十分にあります。

米軍合同台風警報センター(JTWC)によると、8日頃に日本に上陸する可能性も示唆されています。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20190903-00141094/

 

※9月3日 22時の最新情報

特務機関NERVによると、台風14号は熱帯低気圧に変わったことが分かりました。

今後の最新情報については、また追記します。

 

 

台風14号の米軍予想(JTWC)は?

 

米軍合同台風警報センター(JTWC)によると、台風14号は香港付近に上陸することが分かります。

4日現在の日本付近に近付くという情報はありませんでした。

 

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 

台風14号のヨーロッパ進路予想図(ECMWF)は?

 

続いて、ヨーロッパ進路予想図(ECMWF)をまとめてみました。

9月5日(木)

 

9月6日(金)

 

9月7日(土)

 

9月8日(日)

引用:https://www.ecmwf.int/

 

見て分かるように、台風14号は日本列島に接近するもののやや上に逸れる予想となっています。

なので、台風13号よりは警戒する必要がないのかもしれません。

ただ、進路が大きく変わる可能性もあるため、油断はできません。

 

Sponsored Link

 

【最新情報】台風13号はどうなる?

 

中心気圧 ー 980hPa

最大風速(瞬間最大) ー 40m(55m)

 

9月4日現在、台風13号『』が北上し、沖縄は強風、九州~東海は雷雨になると予想されています。

5日夕方から夜のはじめ頃にかけて先島諸島にかなり接近し、沖縄本島地方にも5日夜から6日にかけて接近する、という。

なので、沖縄に住んでいる方々、沖縄に行かれる方々は十分に注意しなければなりません。

今後の進路予想については、また情報を追記します。

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)