10月史上初の”台風ゼロ”かと思われた2018年。

しかし、10月下旬に台風26号『イートゥー』が発生したとの報道が…!

 

ということで、台風26号の米軍とヨーロッパの進路予想図は一体どうなっているのか調べてみました。

また、最大風速は一体どれくらいなのでしょうか。

 

Sponserd Link

台風26号について

 

 

  • 中心気圧 ー 975hPa
  • 最大風速 ー 35メートル
  • 最大瞬間風速 ー 50m/s

 

10月下旬に発生した台風26号。

1時間におよそ15キロの速さで西北西へ進んでいる、という。

 

 

<今後の見込み>

台風は今後、発達しながら西よりに進み、24日水曜日には「非常に強い」勢力でマリアナ諸島に達する見込み、とのこと。

日本に上陸する可能性はまだ高いとは言えませんが、上陸する可能性もありますので油断はできませんね。

 

ちなみに、もしこの台風26号が日本に上陸すると、今年だけで6つ目の台風となります。

この数は2016年以来となる上陸数で、過去2番目に多い数字となります。(1位は2004年の10個)

 

“ISOPP”
頼むから逸れてくれ……

 

 

台風26号 米軍の進路予想図は?

 

米軍の予想進路図はコチラです。

 

台風は発生するものの、日本から少し離れた所で横断するのではないか、と予想されています。

とはいえ、日本付近に接近する可能性は今の所ゼロではないので、油断はできないです。

 

 

台風26号 ヨーロッパの進路予想図は?

 

ヨーロッパの中期予報センターの予想進路図はコチラです。

 

https://twitter.com/big_wave_2018/status/1053097575069364224

 

 

こちらは、日本に直撃する可能性は低いと予想されていますが、今後の予想に注目したい所です。

 

“ISOPP”
もしかしたら週末が怪しいかも……

 

 

あとがき

 

10月は一度も台風が襲ってこないから逆に気味が悪くて怖い、というか違和感がありましたが、まさか10月が終わる頃に来るとは…。

この台風26号の名前の『イートゥー』の由来は民話に登場する月うさぎとのことですが、台風はそんなかわいい被害にならないと思うので、十分に警戒したいですね。

 

また、先日の台風24号、25号のように電気がストップする可能性も大いにあるので、今から注意しておきましょう。

警戒する、注意することに越したことはないので。

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)