小山宙哉さん原作の人気漫画『宇宙兄弟』の最新話となる329話が『モーニング 4・5号』(2018年12月27日発売)に掲載されました。

そこで、『宇宙兄弟』の329話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

宇宙兄弟 最新329話のネタバレと感想!

 

最後、ムッタの名言で幕を閉じ、ネット上でも「感動した」と話題になった前回の328話。

今回は一体どんな展開を迎えるのか。

 

▼前回のネタバレと感想はコチラ

⇒宇宙兄弟の最新328話のネタバレと感想!

 

では、内容の方に入っていきます。(ネタバレになるので、ご注意を!)

 

宇宙兄弟 329話の内容ネタバレ

 

【329話 約束通り】

 

その昔、夫の金子進一とシャロンはこう話した。

「約束どおり、その星にシャロンと名付ける」

「嬉しいわ」

 

それから日が経って、幼い頃のムッタと日々人はシャロンに小惑星、シャロンを紹介してもらった。

「小さくて全然見えないでしょう」

「どんな星かな」

 

「俺が月に行って建てるよ、シャロン望遠鏡」

 

 

「私たちが来なければ、ここはただの暗闇だった」

「私たちが来なければ、ここは動かない景色だった」

「シャロン月面天文台という私たちがここに来た証を点灯します。スイッチオン!」

ムッタはついにシャロン月面天文台の実験に成功した。

 

シャロンは、感動しながらこう思った。

「素晴らしいわ、ムッタ。完璧」

「思い描いていた通り…。夢に見てた通りよ……!」

 

一方、ムッタはこう考えていた。

「約束を果たした気持ちって安堵感だけじゃないんだな…」

ザワザワしたような、ワクワクしたような、そんな正体不明の感覚があった。

 

そして、この先は五月蝿さんやモリリン博士率いるシャロン月面天文台チームが観測を開始することになった。

記者会見では、JAXA理事長の茄子田が喋っていた。

「かつて南波六太君を面接したとき、彼にこう質問しました。『最近、自分の中で発見したことは何か』。六太君はこう答えました」

「みんなより、”心”がよく泡立ちます、と」

「どうですか、この彼の表現力、彼のセンス!そうなんです」

「本当によく泡立つ。もはやワクワクを越えて”ブクブク”なんです」

 

「そして、六太君は我々の心をも泡立たせてくれる、そんな宇宙飛行士なんです……」

 

 

それからしばらく経った後、速報ニュースに『シャロン月面天文台、完成しました』との報道が。

もちろん、ムッタの写真も入っていた。

シャロンはその姿を見て、「ありがとう、ムッタ……」と心の中で呟いた。

 

ムッタは速報ニュースの記事を読んでいた。

「”心”がよく…? あれ?こんなこと喋ったっけ?」

茄子田が会見で喋っていたことが見出しになっていた。

そして、正体不明だったこの心の正体も分かった。

 

「そうか、感じていたのは心の”ブクブク”だったんだ…」

 

ここで、329話の終了です。

 

Sponsored Link

 

宇宙兄弟 329話の感想

 

今回の329話は、ストーリー自体はほとんど進んでいないのですが、”感動の余韻の使い方”が本当に上手いな、と感じました。

言葉や演出のセンスはさすが小山先生です。今回もずっと感動しっぱなしでした。

 

ここまでハッピーエンドが続いたので、次回は違う展開が待っている、そんな気がします。

個人的には、シャロンとムッタの会話が非常に楽しみなので、とりあえずムッタは早く帰国して欲しいです。

 

“ISOPP”
相変わらず名言連発するな、この漫画…

 

▼『宇宙兄弟』最新34巻を無料で読む方法がある…?

>>宇宙兄弟34巻を無料で読む方法!(海賊版サイト以外の方法)

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)