宇宙兄弟 最新339話のネタバレと感想!【6月13日更新】

 

小山宙哉さん原作の人気漫画『宇宙兄弟』の最新話となる339話が『モーニング(6月13日発売)』に掲載されました。

そこで、『宇宙兄弟』の339話の内容と感想・考察をまとめてみました。

今回は一体どんな展開となったのか。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

宇宙兄弟 最新339話のネタバレと感想!

 

さて、今回の339話では一体どんな展開となったのか。

 

 

では、内容の方をまとめてみたいと思います。

(ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!)

 

宇宙兄弟 339話の内容ネタバレ

 

ムッタはドッキング訓練をしていた。

しかし、『NASA』のモジュールと操作感が違い、思うように訓練が進まず、戸惑うムッタ。

「もう一度やります」

そう言って、再び訓練を続けるのであった……。

 

その後、訓練が終わり、世界中から多くのコメントが来ていることを知ったムッタ。

興味本位からエゴサーチをすることに。

「南波六太」と検索すると、予測ワードが出てくる。

どんなワードが出るか気になり、調べてみると、

『南波六太 弟 かっこいい』

『南波六太 月 転ぶ』

『南波六太 月 取り残される』

『南波六太 もじゃもじゃ』

『南波六太 宇宙飛行士』

「(ムッタをそれを見て)・・・・」

「いや、おかしいだろ、せめて『宇宙飛行士』は『もじゃもじゃ』より上に来いよ」

「まぁいいか、逆に安心したぜ」

「大して心配されてないんだから俺が不安がる必要はない」

と、またトレーニングを始めるムッタだった。

一方、ソユーズが月上空に到達。

着陸船(ルナラウンダー)が投下される。

ムッタたちはクリスマスに向けてサンタの格好をする。

間も無く着陸態勢に。

あと250M、あと100M、あと50M・・・・

そして、あと1M。

着地成功、と同時にヒューストンで「よぉーし!」の声が。

しかし、ムッタは

「あのヒューストン、着地が見えなかったんですが・・・」

「見えなかった?」

「・・・・」

「ルナラウンダーの位置を再確認してくれ!」

 

Sponsored Link

 

 

ここで、339話の終了です。

では、感想・考察の方をまとめてみました。

 

 

宇宙兄弟 339話の感想・考察

 

ムッタのエゴサーチ、笑いました。

『南波六太 弟 かっこいい』が一番に来る辺り、妙にリアル。

 

しかし、ルナラウンダーが迷子になってしまった、というオチ。

果たしてどうなるのか。ムッタたちは無事、生還できるのか。

 

 

▼『宇宙兄弟』最新35巻を無料で読める?

⇒宇宙兄弟 35巻を無料で読める?〇〇のポイントがお得で便利!

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)