闇金ウシジマくん 456話のネタバレと考察!丑嶋が柄崎の救出に向かう!

 

闇金ウシジマくんの456話が『ビッグコミックスピリッツ』に掲載されました。

そこで、『闇金ウシジマくん』の456話の内容と感想をまとめてみたいと思います。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『闇金ウシジマくん』の456話のネタバレと感想

 

物語の最終章『ウシジマくん編』もいよいよ大詰めとなりました。

丑嶋VS滑皮&獅子谷、一体どんな幕切れとなるのか。

 

では今回、第456話の内容と感想をまとめてみました。

まずは内容の方をまとめていきます!

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

『闇金ウシジマくん』の456話の内容ネタバレ

 

「テメェ、やっぱり獅子谷の金をパクってやがったのか」

滑皮が丑嶋に聞くと、「違いますよ」と否定する。

「どうぞ、3億あるか確かめてください」

「・・・」

 

滑皮は意味深な表情でじっとしていた。

「何か臭うな」

「お前が取ってこい、丑嶋」

丑嶋は金が入ったカバンを持ってきた。

横尾が中身を確認し、鳶田が車のトランクに荷物を詰める。

滑皮がいう。

 

「おい、丑嶋、正座しろ」

「はい?」

「早く柄崎の所に行きテェーだろ、命令聞かねぇとあいつ死ぬぞ」

滑皮は丑嶋をその場に正座させるのであった。

 

その後、獅子谷から丑嶋の元に電話が鳴る。

「早く来い、丑嶋。位置情報送る」

丑嶋は獅子谷の元に駆けつける。

 

柄崎はまだ生きていた。

獅子谷はここにキャバクラ出すから、お前のところからキャバ嬢を5〜6人呼べと命令する。

丑嶋は獅子谷をシカトし、柄崎を介抱する。

「何、シカトしてんだ」

 

「お前は俺の働きアリだ」

「まずは土下座して俺の靴を舐めろ、丑嶋」

 

 

ここで、456話は終了です。

では、感想・考察の方へ参ります。

 

 

Sponsored Link

 

『闇金ウシジマくん』の456話の感想・考察

 

丑嶋、やはり何かを企んでいたのでしょうか。あれはカモフラージュなのか。

さすがキレ者の滑皮。一筋縄でいきそうにないです。

 

そして、獅子谷をガン無視している丑嶋ですが、次がボコボコにされそうで変な汗が出ました。(関係ないけど)

“ISOPP”
獅子谷、良いキャラだけど、もうすぐ消えそうな感じする…

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)