人気漫画『闇金ウシジマくん』の最新話479話が『ビッグコミックスピリッツ』の2018年46号に掲載されました。

そこで、『闇金ウシジマくん』の最新話479話の内容と感想をまとめてみました。

(ネタバレになるので、ご注意を!)

 

Sponserd Link

闇金ウシジマくん 第479話のネタバレと感想!

 

 

まずは、第479話のあらすじから。

 

<第479話のあらすじ>

滑皮より、対立する豹堂の殺害を命じられた丑嶋。

無理やり拳銃を持たされ、標的の情報も送られてくるが……

 

滑皮から無理矢理、命令を受ける丑嶋、一体どうするのか。

内容をまとめてみたいと思います。

(ここからはネタバレになるので、ご注意を!)

 

 

 

 

『闇金ウシジマくん』第479話の内容(ネタバレ注意!)

 

Sponsored Link

 

丑嶋は「俺に関係ねーわ、アホらし」と滑皮の命令を無視するが、そこに獅子谷の子分が現れる。

「おい丑嶋、滑皮会長の命令を無視するつもりか」

「俺らは滑皮会長に盃をもらったんだ」

 

「この人殺しがぁ!!!!!!」

「ぐあっ」

 

スタンガンで丑嶋に攻撃するその獅子谷の子分。

「お前が獅子谷会長や潜舵たちをやったんだろ?」

「…知らないっすよ」

 

獅子谷の子分に脅される丑嶋。

その場は何とか免れたが、丑嶋はこの先のことを考えた。

 

「豹堂なんて俺には関係ねーんだ。この足で滑皮を殺りにいくか」

「滑皮を殺した後も誰かが報復に来る。そいつを殺しても同じことの繰り返しだ」

「どーせなら自首するか。確実に死刑だな」

 

友達だった竹本の言葉を思い出した

「周りに敵ばっか作って丑嶋くんは何のために生きているの?」

 

それに対する丑嶋の考えはこうだった。

「少年院で読んだ本に書いてあった。進化できた生き物がしたことはたった一つ。」

「敵を倒す。それだけだってな」

 

「自分の意思で戦えない奴は生き方を選べない。だらだらと無自覚にただ生きても死の決断もできない」

「…最初から独りだ。死ぬ時も独りでいい」

 

そして、ついに拳銃を咥えた丑嶋。一体どうなってしまうのか…

 

 

と、ここで第479話、終了です。

 

 

『闇金ウシジマくん』第479話の感想

 

479話は、色々と考えさせられました。

ほぼ丑嶋の独り言で終わってしまいましたが(笑)

 

中でも、

「自分の意思で戦えない奴は生き方を選べない。だらだらと無自覚にただ生きても死の決断もできない」

 

この言葉はなるほどなと感心しました。

丑嶋のような境遇の人は滅多にいませんが、でも丑嶋のような生き方がしたい人はたくさんいることでしょう。

自分の意思で戦いたいですね。どんな場面でも。

 

最後には自殺?となる行動までする丑嶋ですが、この先どうなってしまうのか。

主人公が死んだら漫画も終了なので、もうちょっと丑嶋には頑張ってもらいたいです…

 

Next>>闇金ウシジマくんの480話のネタバレと感想!丑嶋の救いとなるのは一体…

 

▼『闇金ウシジマくん』の内容を全話まとめてみた!

⇒闇金ウシジマくん漫画コミックの全話全巻ネタバレまとめ!

 

▼『闇金ウシジマくん』の最新刊を無料で読める方法があるらしい…?

⇒闇金ウシジマくんの44巻を無料で読める方法!しかも海賊版ではない!

 

▼次回の『闇金ウシジマくん』最新45巻のネタバレ・感想を先取り!

⇒闇金ウシジマくんの45巻のネタバレと感想まとめ!474話から何話まで?

 

▼映画『闇金ウシジマくん』の動画をスマホ、PCで視聴する方法まとめ

⇒映画 闇金ウシジマくんの動画を無料視聴する方法!Dailymotionは見れない?

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)