ワイルドピッチ 110話のネタバレと感想!城戸VS猪俣 まさかの展開に…?

 

人気漫画『WILD PITCH!!!』(ワイルドピッチ)の最新110話が『ビッグコミックスピリッツ 4・5号(12月22日発売)』に掲載されました。

そこで、ワイルドピッチの最新話の110話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

ワイルドピッチの最新110話のネタバレと感想!

 

前回の109話では、城戸VS猪俣の因縁の対決が繰り広げられることになりました。

詳しくは⇒ワイルドピッチの最新109話のネタバレと感想!城戸VS猪俣の勝負の行方は?

 

では、今回の110話では一体どういう展開になったのか。

内容をまとめてみました。

(ネタバレになるので、ご注意を!)

 

ワイルドピッチの110話の内容ネタバレ

 

「打ち上げたぁぁ!!」

城戸が猪俣を打ち取り、打球はショートとレフトの間に。

「落ちたぁぁ」

何と、打ち取った当たりがポテンヒットになった。

二塁ランナーが三塁を蹴ってバックホーム。

しようと思ったが、猪俣のスタートが遅れたため、一塁に送球する。

結果は…

 

 

「セーフ!」

1点入り、同点になってしまう。

9回裏、土壇場で東京グランデが追いつき、7対7の振り出しに戻る。

完全に打ち取った当たりだったため、猪俣は結果的にヒットとなったが、ただただ悔しい思いでいっぱいだった。

そんな時、

 

 

「アウト!!!」

なんと、ランナーの猪俣、ボーッとしたせいで、牽制アウトとなってしまった。

「スリーアウト、チェンジ!」

 

そして、同点のため、延長戦に突入することに。

城戸は悔しそうだった。

「クソっ、イノブタ野郎に打たれるなんて…」

「振り出しに戻っただけよ、城戸拓馬」

タマが城戸を励ます。

 

「タマに何が分かるんだよ」

「そんな気があるなら、タマの胸の谷間に顔をうずめて泣かせてくれたら…」

「一生落ち込んでなさい!!(バチーン)」

タマにビンタをされた拓馬だった。

 

その後、監督が拓馬に謝る。

「すまない、拓、ウチのピッチャーはもうお前しかいない。」

そう、ピッチャーを使い切ったため、10回裏も城戸が登板することになったのだ。

城戸は10回でも20回でも投げきる覚悟で、フツフツと闘志を燃やしていた…。

 

Sponsored Link

 

ここで、『ワイルドピッチ 110話』が終了です。

続いて、感想の方を!

 

ワイルドピッチの110話の感想

 

完全に打ち取った当たりだったので、ここで勝負が終わるんだろうな…と思いきや、まさかまさかの衝撃的な展開でした。

しかも、城戸がまた延長をリリーフになるとは。

そう簡単に終わりそうにないですね(また、猪俣に回りそう)

 

次回、111話も非常に楽しみです。決着が着くのかどうか!

 

“ISOPP”
タマのヒロイン感がスゴイ

 

Next>>ワイルドピッチ 最新111話のネタバレと感想!城戸が絶体絶命の大ピンチに?

 

こちらの記事も読まれています

⇒ワイルドピッチ 13巻を無料で読める?〇〇のポイントを使えば便利!

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)