ワイルドピッチ 最新115話のネタバレと感想!ドラフト会議でまさかの指名?

 

中原裕さん原作の人気漫画『WILD PITCH!!!』(ワイルドピッチ)の最新115話が『ビッグコミックスピリッツ 12号(2月17日発売)』に掲載されました。

そこで、ワイルドピッチの最新話の115話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

ワイルドピッチの最新115話のネタバレと感想!

 

前回、キャッツの北山監督がついに引退する…?というまさかの展開になった114話。

 

 

今回の115話では一体どういう展開になったのか。

内容をまとめてみました。

(ネタバレになるので、ご注意を!)

 

ワイルドピッチの最新115話の感想!

 

 

「イケセーさん!監督就任までの経緯を教えてください」

報道陣から質問が飛び交う。

そんな矢継ぎ早に質問されても困るよ、とイケセーさん。

 

それをテレビ越しで見守る拓。

プラチナシリーズ1stステージの解説が終わった後、北山監督から口説かれた、という。

そして、キャッツを野武士軍団にしたい、と抱負を語ったイケセー監督。

 

イケセーはざっくりと答える。

「敵には致命傷、観てるものにはハートにざっくり刺さるような戦いができるチームにする」

まずはドラフト会議が重要だと語る。

そして、即戦力投手が欲しいと言う。

「この野郎(北山)がローテーション入りできる気でいるけど、そう甘くねぇぜ」

そう言うと、北山は鋭い眼光でイケセーを見ていた。

 

その後、北山がランニングをしていた時、拓と出会う。

「何で監督をやめちゃうんですか」

「だからピッチャーをやりたいからだよ」

不満そうな表情の拓。

「北さんを、北山監督を胴上げするのが俺の夢だった」

それなのに一軍枠争うライバルになるとは…と言うと、北山は「笑わせんな」と。

「俺は俺自身と戦う」

「もっと野球がしたい、上手くなりたい」

「拓」

「俺を超えてけよ」

そう語る北山だった。

 

ドラフト会議が始まった。

育成枠に『久保和久(通称、くぼやん)』が指名された。

驚く拓。

 

一方、手術跡の正人の前になぜか北山が現れた。

「北山さん・・・?」

 

Sponsored Link

 

ここで、『ワイルドピッチ 115話』が終了です。

続いて、感想の方をまとめてみました。

 

ワイルドピッチの115話の感想

 

ドラフト会議、まさかの指名がありましたね。

育成枠であのくぼやん!(久しぶり!)

イケセー監督のサプライズ指名ということでしょうか。

今後もこういうサプライズ展開が多くなる気がします。

 

それにしてもなぜ、正人の所に北山が…?

次回、その謎が明らかになるか。116話も楽しみですね。

Next>>ワイルドピッチ 最新116話のネタバレと考察!衝撃的な展開になる!?

 

 

こちらの記事も読まれています

⇒ワイルドピッチ 13巻を無料で読める?〇〇のポイントを使えば便利!

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)