ワイルドピッチ 最新117話のネタバレと考察!拓のライバルがまた現れる!?

 

中原裕さん原作の人気漫画『WILD PITCH!!!』(ワイルドピッチ)の最新117話が『ビッグコミックスピリッツ』に掲載されました。

そこで、ワイルドピッチの最新話の117話の内容と感想、考察をまとめてみました。

 

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

ワイルドピッチの最新117話のネタバレと感想!

 

正人がチームメイトになるというまさかの展開で終わった、前回の117話。

 

 

今回は一体どんな展開になるのか。

それでは、117話のネタバレをまとめてみました。

 

ワイルドピッチの最新117話の感想!

 

 

「正人がチームメイト?」

驚く拓。

「いきなりの話だったから迷いもあった。拓にも相談しようかとも考えたけど」

 

「でも、これからは自分で決めなきゃいけないことだって思ったんだ」

ブッチ「正人くんにとっては難しい決断だったと思うよ」

でも、それでも…

来て欲しいと言われたのが素直に嬉しかった、と。

 

それを聞いた拓は、

「いい度胸してるぜ、正人」

ウチの投手陣は競争率が激しいと拓がいうと、覚悟してるさ、と正人が答える。

「1日でも早く一試合でも一球でもとにかく投げられるように頑張ります」

そしてお互いに、負けないぞ、と闘志を燃やすのであった…。

 

一方、「マジで!」とびっくりする陽。

拓に相談しても無駄ってのは分かるけど、私には相談してくれてもいいのにな、と少々がっかりする陽に、無駄ってなんだよという拓。

また一緒にやれるし、いいじゃん!という陽だったが、拓はそれはない、と答える。

でも、陽は半ば強引に「二人で日本一になれ!」と拓に命令するのであった。

 

 

その後、チームメイトに挨拶をしにきた久保やんとウワサの15歳ルーキー中津川。

その背の高さに拓は驚く。

「ジャンボリー、体は作ってあんのか」

「ジャンボリーって僕ですか?」

拓が中津川のあだ名を勝手にジャンボリーと決める。

そして、キャッチボール付き合えよ、というと、二人でキャッチボールをすることに。

 

<キャッチボールをする二人>

拓は15歳にしてはいい球投げると称賛する。

ブッチ曰く、「監督は中津川の開幕1軍を本気で考えている」らしい。

拓にとって、また更に大きなライバルが現れたのだった…。

 

 

 

Sponsored Link

 

ここで、ワイルドピッチ 117話が終了です。

続いて、考察・感想の方をまとめてみました。

 

 

ワイルドピッチの117話の考察・感想

 

ついにかつての仲間だった正人とチームメイトになる拓。

今回のエピソードで一番の注目ポイントは、拓にとって”味方のライバル”が増えたこと。

チームとしては良い補強になりましたが、拓個人にとっては厳しい状況になったことは間違いないです。

 

また、正人以外で言えば、中津川というスーパールーキーも現れました。

拓は開幕1軍の座を勝ち取れるのか。

次回も目が離せない展開になるかも…!

 

“ISOPP”
ブッチの発言が伏線になってそうな予感大

 

こちらの記事も読まれています

⇒ワイルドピッチ 13巻を無料で読める?〇〇のポイントを使えば便利!

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)