高橋留美子のおすすめ作品ランキングTOP5!【2019年最新版】

 

1980年〜現代まで様々な名作漫画を描き、”天才漫画家”と評される、高橋留美子氏。

その高橋留美子先生の数あるヒット作の中でも、これだけはオススメしたい!という作品をランキング形式にまとめてみました。(最新版です)

 

Sponserd Link

高橋留美子のおすすめ作品ランキングTOP5!

 

では、第5位から発表します。

 

第5位 境界のRINNE

 

 

発売年:2009年〜2018年

掲載誌:週刊少年サンデー

巻数:全40巻

 

第5位は、2009年にスタートし、テレビアニメ化された境界のRINNE。

死神少年×霊感少女の放課後レクイエムコメディー漫画。

 

ホラー漫画をコメディ風にアレンジし、ネット上でも「安定の面白さ」と人気を博しました。

ただ一方で、画が昔とかなり変わっていて、古くからの高橋留美子ファンで敬遠した人もいたとか。

 

“ISOPP”
アニメも安定して面白い

 

物語のあらすじ

高校1年生・真宮桜は、幼い頃あの世に迷い込んで以来、幽霊が見えるようになった女の子。

5月のある日、入学以来ずっと欠席だった隣の席の生徒・六道りんねが登校してきた。

 

 

第4位 犬夜叉

 

 

発売年:1996年〜2008年

掲載誌:週刊少年サンデー

巻数:全56巻

 

日本テレビでアニメ化もされ、主題歌、声優が特に話題になった犬夜叉。

(主題歌は浜崎あゆみ、V6、ELTなどメジャーな歌手ばかりを起用、声優は山口勝平、日高のり子などを起用)

関連記事:犬夜叉の主題歌 名曲ランキングトップ10をご紹介!【OP・ED含む】

 

個人的には神楽の最期のシーンや弥勒のプロポーズがすごい好きです。

切ない、泣けるラブストーリーを描けるのは、さすが高橋留美子先生。

 

ちなみに、連載期間11年7か月は高橋留美子氏の中でも最長となっています。

 

“ISOPP”
後半はちょっと尻すぼみ感あったけど

 

物語のあらすじ

戦国時代の日本、あらゆる願いを叶えるという宝玉・四魂の玉を巡り人間と妖怪の争いが続いていた。

四魂の玉を守る巫女・桔梗は、半妖・犬夜叉と心を通わし愛し合っていた。しかし、お互いに裏切り、桔梗は玉を奪った犬夜叉を最後の力で封印し、自分もまた力尽きる。
遺言により、四魂の玉は桔梗の亡骸と共に燃やされ、四魂の玉はこの世から一度は消え去った。

そして500年後の現代、神社の娘・日暮かごめは15歳の誕生日に、神社の祠にある古びた井戸から戦国時代へとタイムスリップする。そこは犬夜叉と桔梗の争いから50年が経過した時代であった。桔梗の生まれ変わりであるかごめの体内から再び四魂の玉が現れ、犬夜叉は蘇る……

 

第3位 うる星やつら

 

 

発売年:1978年〜1987年

掲載誌:週刊少年サンデー

巻数:全34巻

 

第26回(1980年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞作品。

理想の漫画ヒロインでも必ずと言っていい程、名前が上がる、ラムちゃんが主人公の作品。

高橋留美子先生のデビュー作(長期連載)であり、1980年代のみならず以降の漫画界とアニメ界に衝撃と影響を与えました。

 

基本的に何でもありのドタバタな展開で物語は進んでいきますが、後半は恋愛をメインになっていきます。

ギャグ漫画としても最高に面白いですが、恋愛物語として読んでみたい方は後半の方を中心に読んでみてください。

 

“ISOPP”
ラムちゃんみたいなキャラ、現実にいたら疲れそう

 

物語のあらすじ

地球の命運を賭けた「鬼ごっこ」の地球代表に選ばれてしまった高校生の諸星あたる。

あたるは、当初やる気がなかったものの、恋人で幼なじみである三宅しのぶの色恋仕掛け(勝ったら、結婚してあげる)により、彼女と結ばれたいがために鬼族代表のラムを追いかけ始める。

あたるがラムを追いかけつつ発した「勝って結婚じゃぁ〜」の一言は、あたるが恋人で幼なじみのしのぶを想っての発言であったが、ラムは自分に求婚しているのだと勘違いし、それを受け入れてしまう。

そのため、鬼ごっこには勝利、地球は侵略を免れるが、ラムは諸星家に住み着いてしまう……

 

 

第2位 らんま1/2

 

 

発売年:1987年〜

掲載誌:週刊少年サンデー

巻数:全38巻

 

国内の単行本コミックス発行部数は約5300万、高橋留美子作品のベストセラー。

主人公が水をかぶると女の子になる、という斬新な設定で、アニメも大人気に。

関連記事:らんま1/2の好きな主題歌ランキングのトップ10を発表!【歌詞あり】

 

個人的には、らんまが女になった回、恋の桜餅の回がすごい好きです。

原作も面白いですが、らんまはアニメファンが比較的多いのが特徴的。

関連記事:らんま1/2のアニメおすすめ回を厳選!無料で動画視聴する方法も

 

“ISOPP”
昔はシャンプーが好きだったのに、今は完全にうっちゃん推し!

 

物語のあらすじ

早乙女乱馬は、幼少の頃より無差別格闘流の修行に励む高校生。

ある時、修行のため中国へ渡ったが、父・早乙女玄馬と共に悲劇的伝説が伝わる泉が多く湧く修行場「呪泉郷」で稽古中に、玄馬は熊猫溺泉(ションマオ・ニーチュアン、パンダが溺れた泉)に、乱馬は娘溺泉(ニャン・ニーチュアン、若い娘が溺れた泉)に落ち、それぞれ水をかぶるとパンダと女の子になり、お湯をかぶると元の姿に戻るという変身体質を背負ってしまう……。

 

中国での修行を終え、日本に帰国した後、乱馬は玄馬から、友人である天道早雲の娘と自分が許嫁であると聞かされる。

嫌がる乱馬を無理矢理天道家へ連れて行った玄馬だが、早雲の前に現れた二人はなぜかパンダと女の子の姿だった。

娘を乱馬と結婚させて乱馬に自身が経営する天道道場を継いでもらうことを夢見ていた早雲は、乱馬を女の子だと思い込んでショックを受ける。

一方、父と同様に乱馬を女の子だと思い道場に誘った天道家の三女・天道あかねは、乱馬と手合わせをし仲良くなったが……

 

 

第1位 めぞん一刻

 

 

発売年:1980年〜1987年

掲載誌:ビッグコミックスピリッツ

巻数:全15巻

 

「時計坂」という町にある「一刻館」という名の古いアパートの住人・五代裕作と、管理人としてやって来た若い未亡人・音無響子を中心としたラブストーリー。

恋愛漫画の金字塔して今も人気の作品。(ちなみに、当初は恋愛作品の予定ではなかったという)

 

前半のギャグ要素満載のコメディも好きですが、やはり後半のシリアスなラブストーリーがこの漫画の一番の見所。

「何で高橋留美子はこんなにも男心が分かるのか…」と思わず呟きたくなります。

関連記事:【めぞん一刻】音無響子の年下男性からモテる魅力とは?5つご紹介!

 

“ISOPP”
泣ける漫画が読みたい方にもオススメ!

 

物語のあらすじ

「時計坂」という町にある「一刻館」には、「非常識のかたまり」とも言えるアクの強い一刻館の住人たちが住んでいた。

そんな「一刻館」に突如、新しい管理人の音無響子がやってくる。

5号室に住む浪人生の五代裕作は可憐な彼女に恋をするが……

 

あとがき

 

2019年、『週刊少年サンデー』にて「MAO」の連載を開始し、今もなお現役で活躍中の高橋留美子さん。

数々の作品を当たり前のようにヒットさせている点も非常に素晴らしいですが、それ以上に、一生お金に困らない程、稼いでいるのに、60歳を越えた今も現役で活動している点。

まだまだ自分も頑張らないと…!と励みになりますね。

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)