漫画『先生の白い嘘』、『地獄のガールフレンド』でおなじみの漫画家、鳥飼茜さん。

その鳥飼茜さんと同じ漫画家の浅野いにおさんが結婚したことがネット上でも話題になっていました。

 

そこで、鳥飼茜さんと浅野いにおさんの馴れ初め(出会い)は何だったのか調査してみました。

また、鳥飼茜さんの前の旦那とはどんな人だったのか、そして息子がいたという新事実も…!?

 

Sponserd Link

鳥飼茜のプロフィール

 

 

生年月日:1981年 (年齢 37歳)

出身:大阪

 

2004年に「別冊少女フレンドDXジュリエット」でデビューし、2010年には『おはようおかえり』で青年誌に初めて連載を持った鳥飼茜さん。

鳥飼茜さんは実績も素晴らしく、

2014年には、「このマンガがすごい!2014」オンナ編第9位を記録し、2015年には「第39回講談社漫画賞」一般部門にて『おんなのいえ』がノミネートされました。

『先生の白い嘘』や『地獄のガールフレンド』が鳥飼茜さんの作品の中でも名作と呼び声が高い模様。

 

“ISOPP”
全然関係ないけど、女性漫画家って美人が多いな

 

そんな人気漫画家の鳥飼茜さんがこの度、同じ漫画家の浅野いにおさんと結婚したことが分かりました。

 

浅野いにおのプロフィール

 

View this post on Instagram

単行本作業中。

A post shared by 浅野いにお (@asano_inio) on

 

生年月日:1980年9月22日

出身:茨城県石岡市

 

小学館のビッグコミックスピリッツ編集部に持ち込んだ処女作品「菊池それはちょっとやりすぎだ!!」が『ビッグコミックスピリッツ増刊Manpuku!』に山本直樹さんの代理原稿として掲載され、

持ち込みからわずか1週間でデビューするという、華々しいデビューを飾った浅野いにおさん。

 

その後、下積み時代を経験し、2005年に連載スタートした『ソラニン』では、人気女優・宮崎あおいさん主演で映画化され、話題になりました。

現在は『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』や『零落』などの人気漫画を連載中とのこと。

⇒デッドデッドデーモンズ 7巻をzip・rawダウンロードよりオススメの方法!

 

そして、今回。

鳥飼茜さんと浅野いにおさんという人気漫画家同士の結婚が報道され、ネット上では、「おめでたい!」「これはびっくり」と様々な反応がありました。

 

人気漫画家同士の結婚といえば、

HUNTER×HUNTERの冨樫義博さんとセーラームーンの武内直子さんの漫画家夫婦をイメージしてしまいますね。

“ISOPP”
今思えば、すごいビッグカップル。。

 

鳥飼茜と浅野いにおの出会いのきっかけは?

 

 

そんな鳥飼茜さんと浅野いにおさん夫婦の出会いのきっかけとは何だったのでしょうか。

2016年5月に鳥飼茜×浅野いにおの特別対談があり、その対談で”最近知り合った”というエピソードがあったので、2016年頃に知り合ったのではないか、と。

ちなみに、謝恩会で知り合ったそう。

 

しかも、鳥飼茜さんは浅野いにおさんを見て「あ、芸能人だ!」とすぐに反応し、一緒に写真を撮ってもらったという…笑

ほっこりする良いエピソードですね。

 

 

鳥飼茜の前の旦那はどんな人物?

 

Sponsored Link

 

さて、ここで話は変わりますが、

鳥飼茜さんには浅野さんの前に他に旦那さんがいたことも分かりました。

 

鳥飼さんが以前、自身のTwitterにも「前に夫がいました」というツイートがありました。

しかし、どういう人だったのか、その夫となる人物の詳細は語られず、また、どういう人なのか具体的な情報もネット上にないので、やはり一般の方なのでしょうか。

写真もあれば良いのですが、見つかりませんでした。(気になる…)

 

 

鳥飼茜に息子がいる?

 

また、その前の旦那さんとの間には息子もいた、という。

しかし、息子がいるという情報はありましたが、その息子さんの詳細は不明とのこと。

 

鳥飼さんが2018年に連載した日記「漫画みたいな恋ください」で、鳥飼さんは”息子との確執があった”ということも明らかになりました。

どんな確執があったのでしょうか。日記読んでみたいと思います。

また、情報を追記します!

 

※追記

「漫画みたいな恋ください」を読んでみましたが、”小さい男”という表現があったので、息子はまだ幼い子供ということでしょうか。

それにしてもこの日記すごい表現力が豊かで、さすが作家さんだな、と感心しました。

⇒「漫画みたいな恋ください」

ま、当然といえば、当然なのですが。笑

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)