蛯原アナの実況の評判が悪い理由は?「うるさい」とトレンドに上がる!

 

プロ野球の実況を務めている日本テレビのアナウンサー、蛯原哲アナ。

その蛯原アナがTwitterのトレンドにあがっていた(話題になっていた)ので、なぜなのか調べてみると、「蛯原 うるさい」という単語が…。

アナウンサーでうるさいという単語がくっつくのも珍しいことですが、なぜそのような反応が多かったのか。

 

Sponserd Link

蛯原哲アナのプロフィール・経歴は?

 

生年月日:1974年7月15日

出身:茨城県取手市

最終学歴:獨協大学法学部

 

1997年、日本テレビに入社した蛯原哲アナウンサー。

獨協大学では硬式野球部に4年間所属していたというのもあり、『スポーツが好きで喋る仕事がしたいと考え、スポーツアナウンサーを目指した』とのこと。

 

現在は、野球中継(主に巨人戦)の他に、プロレスや24時間テレビ-チャリティーマラソン実況、人気番組「世界の果てまでイッテQ!」の実況を担当しているため、知名度はかなり高め。

 

 

蛯原アナの実況の評判が悪い理由は?

 

そんな蛯原アナの実況がいつの日かTwitterのトレンドにあがることに…!それも”悪い意味”で。

なぜ蛯原アナの実況の評判がここまで悪いようになったのか。

 

分析してみると、主に二つの理由が判明しました。

 

  1. 言い間違いが多い
  2. 過去の”ある一件”が引き金に…

 

一つ目が、(アナウンサーなのに)言い間違いが多い、ということ。

厳密に言えば、「??」という違和感たっぷりの表現が時折見られること。

 

例えば、「(若林と山本をセカンドで)良い意味で競わせている原監督」と言ってみたり、「都はるみと石川さゆりを言い間違い」していたり、と。

 

 

 

 

ただ、これだけの凡ミスだと、そこまでアンチが湧かないモンですが、それ以上にやらかしていることが分かりました。

 

Sponsored Link

 

過去の”ある一件”が引き金に…

 

それは、2013年の巨人対日本ハムの試合中の出来事でした。

延長11回裏、無死一二塁、巨人の攻撃で代打小笠原。

相手は日本ハムのクローザー、増井浩俊。

何と、小笠原はライトスタンドへサヨナラ3ランを放ち、しかもこのHRが小笠原にとって2年ぶりという記念すべきアーチ。

「思い出しました!」という名言まで炸裂する、盛り上がりっぷり。

 

しかし、この盛り上がりムードをぶち壊すかのような、やらかしをしました。

何と蛯原アナ、打った小笠原道大選手よりも、頭上を越えていく打球を見送った右翼手の大谷翔平選手をフィーチャーする、という。(しかも東京ドームという巨人メインで)

この一件により、蛯原アナの「さあ大谷だ!」がネット上(特に、『なんj』)でネタにされるように。

そして、蛯原アナのネガティブキャンペーンが始まってしまった、というのが、悪い評判につながっている大きな理由の一つでしょう。

 

▼ネット上の感想まとめ

 

 

 

 

 

あとがき

 

これだけアンチがいるのも珍しいアナウンサーの蛯原アナですが、一方で、『日テレ蛯原アナアンチ撲滅委員会の委員長』という熱狂的(?)ファンがいることも分かりました。

 

 

 

「さあ大谷だ!」でガッツリやらかして、アンチが多い中、こういう熱狂的ファンがいるのも、彼の大きな魅力の一つ。

好かれているかどうかはともかく、これだけ多くの人からネタにされたり、トレンドに上がったりするのも、単純に嫌われているから、という理由だけではないと思うので、これからもその良さが消えないように実況していただきたい、そう願うばかりです。

 

“ISOPP”
言い間違いは誰にでもある、だって人間だもの(みつを風)

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)