今井舞の正体とは?その経歴や写真(画像)を調査してみた

 

週刊文春などでドラマを辛口コメントでレビューしている、あるコラムニストが話題になっていました。

その名も今井舞さん。

 

「えっ、誰だ、それは…」という声も多く、そして、自分も同様に知らなかったので、経歴やその正体を調査してみることに。

まずは、今井舞さんの簡単なプロフィールから。

 

Sponserd Link

今井舞のプロフィール

 

本名:非公開

生年月日:不明(年齢は40代)

出身:東京都

 

本名も生年月日も非公開という、まさに謎のライター、今井舞。

 

小学校から大学まで、エスカレーター式で女子校に通っていたという情報があったので、東洋英和女学院大学清泉女子大学白百合女子大学の可能性も。

 

もしかしたら、かなりのお嬢様だったのかもしれませんね!家柄、家族構成についてはこちらも謎のままでした…

 

顔写真も非公開で、ネット上で調査してみましたが、それも見つかりませんでした。残念。。

 

ブロガーのちきりんさんみたいに、キャラクター的な宣材写真があれば良いのですがね。(ちきりんさんは、ほぼ顔バレしてますがw)

 

今井舞の辛口レビューまとめ

 

Sponsored Link

 

◆最近のフジテレビについて

 

「コネ入社あり」を隠そうとしない所が市民感覚と離れすぎていて恐ろしい。ダサさはあえて承知で、既得権益がぐるぐる回っている所を見せたいのかもしれないが、視聴者からしたら、そもそも「利益」に見えない。

 

◆2016年夏ドラマについて

 

・家売るオンナ(北川景子主演)

→あれが高視聴率ドラマ?深く考えずに見たい層には打ってつけ。

 

・好きな人がいること(桐谷美玲主演)

→大の大人が真面目にレビューするのもバカバカしくなるような、そんな作品。

 

・せいせいするほど、愛してる

→好きになるきっかけが安易で、ストーリーの稚拙さに感情移入できない

 

という風に、これ程までに”毒舌ぶり”を徹底していますね。

ここまで来れば、半ばストレス発散のようにも思えますが。

 

ただ、「確かに、分かるわー」と半沢直樹的にあるがままにストレートに言われたら、納得できる部分もあります。かなりのドラマ好きなのでしょう。

 

自身も大のドラマ好きと公言していましたから、自他共に認めるって感じでしょう。そもそも、ドラマ好きじゃないとここまで書けませんが。

 

「毒舌するなら愛情を持って」

 

あの毒舌王、有吉弘行さんが以前、番組でそんなことをおっしゃっていましたが、まさにそうですね。毒舌するならば、愛情ありきでってことですね。

 

これ、なかなか難易度高いんですよね。愛情があるから、物事をストレートに言えなくなるので…

 

そういう意味では、ドラマ製作者側からすれば、ありがたい存在なのかもしれませんね。

 

あとがき

 

 

ただ、今井舞さんではありませんが、最近のドラマは確かにスポンサーに媚びている…というか、あまり挑戦的なドラマがないので、物足りなさはかなりしますね。

 

物議をかまし、大きな話題になった「女王の教室」や「ルーキーズ」のような(ルーキーズは違うかな)、一部のスポンサーには嫌われるものの、これはスゴイ!と視聴者を驚かせる、挑戦的なドラマを製作してほしい限りです。

 

自分も大のドラマ好きなので(笑)、最後にエールを送らせてもらいます。

 

Sponsored Link

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)